MENU

亜鉛は育毛効果があるのか?知らなきゃ怖い摂取量の上限・・・

 

髪にいい、育毛効果があるといわれる栄養素にはさまざまなものがありますが、なかでもよく言われる栄養素が亜鉛です。
ではこの亜鉛、育毛や発毛効果があるのでしょうか?
そこで亜鉛には育毛効果があるのか、一日にどれだけとればいいのかを調べてみました。

亜鉛に育毛効果はあるのか?

亜鉛は育毛効果があるのか?知らなきゃ怖い摂取量の上限・・・

 

結論から言うと、亜鉛を飲むことで「髪が生えてくる」といった育毛効果はありません。
ただし、亜鉛が不足してしまうと「粗毛」や「脱毛」の原因になることはあります。
髪は99%をタンパク質でできていますが、亜鉛は食事などで摂取したタンパク質を髪の毛へと構成する働きがあります。
つまり、不足してしまうと髪がきちんと育たなくなってしまうのです。
日頃の食生活に気を使ってどんなに良質なタンパク質を摂取したとしてしも、亜鉛不足だと髪の毛の成長には繋がらなくなります。
こういった亜鉛による抜け毛や毛が細くなる原因を予防することはできます。

亜鉛が不足しがちな人

厚生労働省の資料によると、成人男性(18〜70歳)の亜鉛の推奨摂取量は10mg、女性の場合8mgほどがとなっています。
ではどういった方が亜鉛不足に陥りやすいかというと、やはりダイエットや偏った食生活を送っている方。
亜鉛は体内で生成されまあせんので、食事などから摂取するしかありませんから上記のような方は不足してしまうおそれがあります。
また糖尿病の方や甲状腺疾患を患っている方は、尿の亜鉛排泄量が増加しますからやはり不足をしがちな状態です。

参考文献:日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会

亜鉛が多く含まれる食材

亜鉛は育毛効果があるのか?知らなきゃ怖い摂取量の上限・・・

 

亜鉛は規則正しい食生活を送っていれば不足することはほとんどない栄養素です。
ただし不規則な食生活を送っている方は、亜鉛を効率よくとれる食材に目を向けてみるといいでしょう。
亜鉛を多く含んでいる食材としては、牡蠣やするめ、豚レバー、牛肉、煮干しに凍り豆腐、エンドウ豆、松の実や胡麻などがあげられます。
ただこういった計画的にとることが難しいという方は「サプリメント」などで補うことも効果的です。

亜鉛を摂取する際の注意点

亜鉛は育毛効果があるのか?知らなきゃ怖い摂取量の上限・・・

 

抜け毛の予防に効果がある亜鉛ですが、一日の摂取量には注意しなければいけません。
ただ普通に食事している分には、過剰摂取するということは考えにくいので安心してください。
ではどういったときに、気を付けなければならないかというと「サプリメント」で亜鉛を補充している場合。
サプリを一日に何度も飲んでしまうと上限を超えてしまう恐れが十分に考えられます。

一日に摂取可能な亜鉛の上限

そしてその亜鉛の摂取量の上限ですが、男性の場合の耐用上限量(健康に影響のない摂取量の上限)は

  • 18歳〜29歳であれば40mg
  • 30歳〜49歳であれば45mg
  • 50歳〜69歳であれば45mg
  • 70歳〜であれば40mg

とされています。
また女性の場合は、18歳以上は35mgが耐用上限量となっています。
サプリメントで亜鉛を摂取している人もいると思いますが、必ず用量を守り、耐用上限量に気を付けましょう。亜鉛を取りすぎると

亜鉛を取りすぎると・・・

基本的に体内の亜鉛が増えすぎると、尿から排出されます。
ただサプリなどで耐用上限量以上に服用しつづけると、鉄や銅の吸収が妨げられ鉄欠乏症となり、下痢や免疫力の低下、コレステロールなどの異常等の症状が出る場合があります。
また鉄欠乏症貧血になり慢性的な貧血を引き起こすこともありますから、亜鉛の過剰摂取には注意しなければいけません。
亜鉛は必須ミネラルですが摂り過ぎることで上記のように身体に悪影響を与える場合もあるので、食事やサプリメントからどれくらいの量を摂取しているのかを服用する際には確認してみることをお勧めします。

参考文献:日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会

関連ページ

【漢方】冬虫夏草の効能に「育毛の効果」はあるのか?
漢方の代名「冬虫夏草」に育毛効果はあるのでしょうか!?中国四千年の歴史に迫ります